どうしてライバル企業に打ち勝つ好機なのでしょうか

不況は、受ける痛手も大きいですが、景気の良い時よりも悪い時の方が、成長分野が豊富にあることに気づかせてくれます。

不況においてこそ、ライバル企業の何周も先を走ることができます。

要は、この苦境をバネにすることができれば、一人勝ちできるのです。

景気の良い時には誰も気づかなかったビジネスチャンスや、市場、取引、発想に気づけます。

まずは、お尋ねしたいのですが、あなたのビジネスは、もしや行き詰まってはいないでしょうか?

毎年予測した通りに成長していなければ、その企業は「行き詰まって」います。

市場の波に押し流されるビジネスは、市場が干上がった途端に干上がるのです。

なぜなら、自らの運命を自らが握っていないからなのです。

例えば、前期10万ドル、今期11万ドルの利益を出した会社を考えてみましょう。

伸びたのは市場だけで、CEO自身は、何ら戦略的な手を打ってこなかった可能性があります。

こうした場合、市場が干しあがると、経営に行き詰まった企業はその道連れになるのです。

The following two tabs change content below.
坂井奈美

坂井奈美

新潟市東区で、整体・アロマ・リラクゼーション「ナチュラルテイスト」を経営しております。 肩こり・腰痛・首の痛みなどでお悩みの方、全身スッキリしたい方!お気軽にご予約の上、ご来院ください。 オンラインでは、新潟ヒルズ速稼塾を運営しております。 インターネットの世界から、お金を取り出す基礎力を身につけて頂きます。

スポンサー(広告)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

坂井奈美

新潟市東区で、整体・アロマ・リラクゼーション「ナチュラルテイスト」を経営しております。 肩こり・腰痛・首の痛みなどでお悩みの方、全身スッキリしたい方!お気軽にご予約の上、ご来院ください。 オンラインでは、新潟ヒルズ速稼塾を運営しております。 インターネットの世界から、お金を取り出す基礎力を身につけて頂きます。